ファミリーの方へ

家族の絆をぐっと深めてくれる楽しいアクティビティです

家族で保津川の激流にチャレンジ!
ラフティングは、家族の絆をぐっと深めてくれる楽しいアクティビティです。
ですがお父さん、お母さん自体がラフティング初体験だと、
「ラフティングって何?」、「どんなことするの?」、「危なくないの?」、「持ち物は?」など、
いろんな疑問が浮かびますよね。
そこで、こちらのページでは、問い合わせの多い疑問や当社からのアドバイスを記載させて頂きます。
お申込みの前に是非、参考にしてください。

各ツアーの対象年齢は?

当社ツアーの対象年齢は、下記のとおりです。

半日ツアー、夕方ツアー ・・・・小学3年生以上
のんびりツアー ・・・・小学1年生以上

半日ツアー、のんびりツアー、夕方ツアーの違いは何?

最初に知ってもらいたいのは、半日ツアー、のんびりツアー、夕方ツアー、全てのツアーは、まったく同じコースを下るということです。
では、どこに違いがあるのか?それは、体験時間と内容です。下記にわかりやすい表を用意しましたので参考にしてください。

半日ツアーと夕方ツアーは、ツアーの体験時間が30分違うだけで内容は同じです。

のんびりツアーは、小学1年生から参加可能なのが特徴で、他のツアーに比べ体験時間をたっぷりととっております。その為、半日ツアーに比べ川で長い時間泳いだり遊んだりすることができます。
体験時間をたっぷりととっている為、小学校低学年の方でもついてくることができるペースでツアーを進めることができます。(着替え時間、各種説明の時間、移動時の歩くスピード等)。
ツアー中にお昼時間を挟む為、河原に上陸してのおやつタイムがあるのも特徴です。
ツアー中に昼食を提供することができませんので、ツアー前にご飯をしっかり食べてきて頂き、ラフティング中は河原に上陸しておやつを食べてお腹を少し満たすことになります。

保津川ラフティングツアー比較表

のんびりツアー 半日ツアー 夕方ツアー
料金 5000円~ 4300円~ 4000円~
対象年齢 小学1年生~ 小学3年生~ 小学3年生~
集合時間 10:30 9:00/14:00 16:00
コース全長 5km 5km 5km
ツアー時間 4時間30分 3時間30分 3時間
おやつタイム × ×
BBQプラン併用 ×

※ツアー時間は集合から解散までの時間となります。

どのツアーを選べばいい?

小学1年生、2年生がご家族におられる場合は、のんびりツアーのみ参加可能となります。
お子様が小学3年生以上であればすべてのツアーに参加可能です。
午前、午後に予定がある場合は、半日ツアー。日中予定がある場合は、夕方ツアー。
たっぷりと泳ぎや遊びも楽しみたいという場合は、のんびりツアーを選んでください。
予約はこちら

子供が泳げないけどラフティングはできる?

当社がツアーを行っている保津川は、激流セクションでたくさん水を浴びることはありますが、ボートから落水したり、ボートが転覆するようなことは、まずありません。
そして、参加者全員にライフジャケットを着用して頂いております。ラフティング用のライフジャケットは、体にしっかりと密着するように締め付けるタイプの物で、浮力も高く、万が一ボートから落ちたとしてもしっかりと浮くように設計されています。
また、ガイドが事前に落ちないための姿勢、落ちた時の対処法もしっかりと説明します。
最初は、怖がっていた子供達もすぐに慣れて笑顔になりますよ。怖がらずにチャレンジしてみてくださいね。

子供が怖がりで心配

お子様によっては、水やスリルが苦手な方もおられるかと思います。ラフティングボートは、座る場所によってある程度スリルが変わったりします。ボートの後ろの方は、水しぶきもそれほどかからず、ガイドも後ろで操船しますので目が届きます。ですので、怖がりなお子様は、後ろの方に、逆にスリルを求めるお子様は、最前列に座ることをお勧めします。
二人づつで座りますので、お子様の横に保護者の方が座ってあげるとお子様も安心かと思います。
また、どうしても怖い場合は、「大きな波」をわざと外して激流を進むことも可能です。一緒に乗ったガイドに伝えて頂ければ対応しますので、遠慮なく言ってくださいね。
ガイドは、エンターテイナーでもあります。子供達を楽しませることも上手なので、うまくリラックスできる雰囲気を作ることもできます。私達にお任せください。

子供が怪我をしないか心配

自然で遊ぶ以上、「絶対に怪我はしません!」とは言い切れません。ですが、怪我をする確率を限りなく低くすることは可能です。
私達ガイドは、どこに危険があるのか、どんなことをすると怪我につながるのか、過去の経験や実際の事例、他社との情報共有等でリスクを最小限に減らす努力をしております。お子様がガイドの指示に従うようご協力をお願いします。


子供の服装は

ラフティング時の子供の服装ですが、なるべく肌の露出を控える服装をお勧めします。理由は、擦り傷等の怪我の防止、日焼け防止、熱中症対策です。気温の低い時期(4月~6月、9月~11月)は、水着もしくは下着の上から当社のウェットスーツを着用して頂きますので問題ありません。
気温の高い時期(7月、8月)は、ウェットスーツを着用しません。理由としては、ウェットスーツに保温効果があるため、気温の高い時期に着用すると体温が上がりすぎて熱中症などのリスクが上がるためです。ですので、水着+長袖やタイツ等でなるべく肌の露出を控える服装をご用意頂ければと思います。


ウォータースポーツ用の物をお持ちでなければ、濡れてもよい服装をお持ち頂ければ問題ありません。可能であれば、濡れてもすぐに乾く速乾性の物をお持ちください。

ラフティング時の履物は?

ラフティング時の履物ですが、かかとがあって、しっかりと足に固定できる脱げない物をご用意ください。
靴は、水に濡れると重くなります。しっかりと足に固定できない靴、ブカブカの靴、足の甲がでているスリッポンタイプの靴は、脱げて失くすことがありますのでご遠慮頂いております。
裸足で河原や道路を歩くことは怪我に繋がりますので、脱げない履物をご用意ください。
しっかりと足に固定できるスポーツサンダルも使用可能です。ストラップが太く、緩んだり切れたりしないものをご用意ください。ただし、サンダルは足の指がむき出しになります、ごく稀に、足先や爪を怪我する場合がありますのでご注意ください。
履物がない場合は、レンタルシューズ(300円)がありますので、こちらをご利用ください。16cm~サイズあります。

使用OKな履物

スニーカー、ウォーターシューズ、スポーツサンダル、
足の甲がでていないスリッポンタイプの靴(ブカブカは不可)

使用不可な履物
(脱げやすい、壊れやすい為)

クロックスタイプのサンダル、上靴

ご協力よろしくお願い致します。


熱中症対策は?

熱中症対策は、何といっても水分補給です。
気温の高い時期(7月、8月等)は、各ボートにこちらで用意した水を持って行くようにしております。
いつでもガイドに声をかけて頂ければ、水分補給ができるようしております。


おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に参加したい

おじいちゃん、おばあちゃんも是非一緒にご参加ください。当社ツアーでは、歩いての移動が、スタートポイントまで約10分、ゴールしてから約10分あります。この歩いての移動に問題なくついてこられるようでしたら、ツアーには問題なく参加して頂けます。ラフティング中は、ボートに座っている状態ですのでそれほど体力は必要ありません。毎年、60歳以上の方もたくさんラフティングに参加されます。是非、お子様、お孫さんと共に楽しい思い出を作ってください。

子供に食べ物アレルギーがあります

のんびりツアーは、おやつタイムがあり、その時にこちらで用意したおやつを提供させて頂きます。お子様の食べ物アレルギーが心配な場合は、持参して頂いたおやつをおやつタイムに食べて頂いて構いません。予約時にお伝え頂ければ、対応させて頂きます。

ラフティングに参加しない家族が待機する場所はありますか?

誠に申し訳ございませんが、当社集合場所での待機は不可となっております。当社周辺にショッピングモール、図書館がございます。徒歩10分ほどの場所に遊べる河原もございます。また、JR馬堀駅がすぐ近くにありますので、ここから電車に乗って観光地で有名な嵐山を散策してもよいかと思います。

雨の日や増水した川は危なくないの?

雨の日でも晴れた日でも、増水してもしてなくても、基本的に川は危ないです。この謙虚な気持ちがとても大事です

重要なことは、いろいろな状況下で何が危ないのかを把握しておくことです。天候に関しては、雨の日も晴れの日も川の状態はそれほど変わりません。雨の日は、雨の降り方次第で、川が増水するかしないか、増水するならどのくらいの時間でどれだけ増水するのかを注意しながらツアーを進めて行きます。雨の日でも楽しめるのがラフティングのいいところですので、参加日の天候が雨でも楽しむ気持ちを忘れずに参加してくださいね。
川の増水に関してですが、天候よりも増水具合がツアーを開催するかしないかの判断に大きく影響します。増水するとボートからの落水、ボートの転覆等のリスクが上がります。
当社では、国土交通省のHPで10分ごとの保津川の水位をチェックしています
そして、年齢に応じたツアーの中止基準を設けています。小学校低学年がおられるグループは、一番厳しい中止基準を設けています。ですので、保津川の水位によっては、大人だけのグループはツアーに参加でき、小学生がいるグループはツアーに参加できないと言う状況もあります。
何卒ご理解頂ければと思います。

よくある質問もご覧ください。→こちら>>